2009年07月13日

セント・パンクラス教会(Mad Day)

1968/7/28の午後から夕方にかけて、ビートルズの4人は、ロンドンの7箇所(!)でフォトセッションを行います(Mad Dayと呼ばれています)。ここはその5番目の場所です。

メインカメラマンのドン・マッカリンの他、マル・エバンスの息子ゲイリー、ヨーコ、当時のポールのガールフレンドであるフランシー・シュワルツも動向しています。

この公園内では9箇所で撮影が行われていますが、最後の9番目で撮影された下の写真は赤盤青盤の見開きの写真で有名です。



今回の旅行では100箇所以上は回ったと思いますが、この公園は最も相性が悪い場所でした・・・。と言うのも、この公園に足を運ぶこと、なんと3回!!!

1回目は7/9に来たのですが、撮影中にお通じが良くなってしまい、近くの駅で用を足し(往復約20分)、帰ってきたら、なんと門がClose!!!ノォ〜〜〜〜。

イギリスでは大きめの公園には門があることが多く、この公園は21:00には閉まってしまうとのことでした。ということで結局この日は1箇所でのみ撮影。なんだよ、せっかく来たのに。

2回目は7/10。この日は現地の日本人ガイドさん+ドライバーさんとロンドン郊外のビートルズスポットをドライブしたのですが、わりとサクサク回れて時間が余ったので、昨日無念に終わった公園でリベンジすることになりました。

到着は20:00ちょい過ぎ。時間的には余裕です。が、やはり用を足そうということになり、昨日と同じく近くの駅まで。ちらっと昨日の悪夢がよぎりましたが、帰ってきて20:30だったのひと安心。余裕綽々で撮影していたのも束の間、公園の管理人(?)みたいなおっさんが来て「今日は早く帰るから門閉めるよ」とのこと。な、なにを〜〜〜〜〜、規則ってものがあるだろっ。規則ってのものが。5分だけ延長してもらったものの、結局この日は3箇所で撮影。あと6箇所残ってるし。

他のビートルズスポットではかなりラッキーな撮影ができた所もあったのですが、ここはとことん相性が悪いようで、今回の旅ではあきらめようと思ったのですが、せっかく遠路はるばるやってきて悔しさ120%だったので、7/13に3回目のトライをしました。

今回は前回までの反省を活かし、朝一で撮影に挑みました。もちろん、出すものは全てドバっと放出済み。

ということで、3度目にしてやっと9箇所全てで撮影ができました。とりあえずいい感じの5箇所載せますぅ。いやー大変だった・・・。








場所はこちら。


より大きな地図で London を表示
タグ:Beatles 旅行
posted by ハル at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121462971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。