2009年07月03日

マーク・ボラン事故現場

最近だと「20世紀少年」の主題歌で有名なT.Rexのボーカル兼ギタリスト、マーク・ボランの事故現場。



1977/9/16、ガールフレンドのグロリア運転のミニ・クーパーが真横からオオカエデの樹にぶつかり、助手席に乗っていたマーク・ボランは即死だったとのことです。グロリアは軽症で済んだものの、事故後、飲酒で告訴されました。

マーク・ボランは生前から「俺は30歳前には死ぬ」と公言していたそうですが、実際に30歳になる2週間前に亡くなったことになります。デビュー前のパリでは、ある魔術師の弟子となり魔術を習得したとか、この事故で即死だったものの、ほとんど外傷が無かったとか、イロイロな噂が絶えない不思議な人でもありました。



ここを訪れる世界中のファンからメッセージや碑、銅像もありました。



T.Rexの頂点はやっぱり72年発売のスライダーですかねぇ。この後、グラムロック衰退と共に彼も鳴かず飛ばずでした。ちなみにこのスライダー、ジャケット撮影はリンゴ・スターが行いました。



僕が一番好きな曲は「テレグラム・サム」です。マーク・ボランってたまに志村けん風な声出すのですが、これがまたカッコイイのだなー。




そういや冒頭に書いた「20世紀少年」の主題歌、実は来日時に日本の東芝レコードで録音されています。




また、同時期にグラムロックで活躍したデヴィッド・ボウイの名曲「Lady Stardust」のモデルは、マーク・ボランだと言われています。




場所はこちら。


大きな地図で見る
ラベル:ROCK 旅行
posted by ハル at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。