2009年09月10日

リマスター カウントダウンイベント

ビートルズリマスター発売のHMVカウントダウンイベントに行ってきました。

駅前で号外。さすが都会だ。



HMVに到着。看板発見。会場突入。





22:00。いよいよイベント開始!

まず、2丁拳銃なるお笑い芸人が司会で登場。あまり知らないけどブルーハーツ好きなんだよね、確か。

初めの30分は1700万円するというオーディオで新旧CDの聴き比べ。「Please Please Me」「All My Loving」「Day Tripper」「Something」の4曲。すくない・・・。

聴き比べって言っても、初めの2曲は、オリジナルがモノラル、リマスターはステレオなので、これじゃ分からんなぁ。選曲ミスだろ・・・。

まぁ、残りの2曲もはっきり言って、違いはよく分からなかった(笑)。だって普段あんなデカイ音で聴かないし。たぶんCDを逆にされても分からなかったかも。でも「Day Tripper」は「ビートルズ 1」と同じく、ギターリフの編集ミスは修正されてました。まぁ試聴で聴いてたから知ってたのですが。

そんなこんなで、なんとなく消化不良で聴き比べは終了。僕的には「1700万のオーディオで聴くこと」が目当てだったので、ちと不満。もっといっぱい流して欲しかったなぁ。

続いてトリビュートライブ。会場が急な盛り上がり。ビートルズよりトリビュート目当てのファンが多いのか・・・。

1人目は、TRICERATOPSの和田唱。好んで聴くわけじゃないけど、このバンドの音はカッコイイと思います。後で2丁拳銃の人がバラすのですが、本当は1人当たり2曲ってのが約束だったみたいですが、この人は4曲(イントロだけを入れると6曲)も演っちゃいました。

まずは「I'll Cry Instead」「I Call Your Name」の2曲。イイ選曲だぁ。ジョン爆発時の佳曲ですね。

続いて「Rocky Raccoon」をやりはじめて、すぐ「今日の気分じゃない」と言って終了。これネタやなぁ。それにこの曲って特に歌い出しが難しいもんね・・・。次に「Mother Nature's Son」。これもイントロだけやって終わり。こっちはギターがムズい。なかなか間違えないで弾くのはツライし。

それから「Got To Get You Into My Life」と「The Long And Winding Road」の2曲を演奏して終了。この流れなら最後もハジケた曲で良かったのでは?

2人目は、曽我部恵一。緊張してたのか、なんなのか「Blackbird」はちょっと厳しかった・・・。途中結構間違えてたし・・・。本人も「中学の頃から練習してるけど、いまだにちゃんと弾けない」と言っていましたが、わざとなのか分かりませんが、ポール独特のツーフィンガーの指弾き&ストロークじゃなかったのは残念。

2曲目の「Across The Universe」も、僕の感覚からするとちょっと違うって感じでした。コードも結構間違えてたし。今日は調子悪かったのかな?

3人目は、仲井戸麗市。コアなファンにはきっと怒られるけど、日本語オリジナル歌詞はナシだろ・・・。聴いてるほうが恥ずかしくなる・・・。曲は「All My Loving」と「While My Guitar Gently Weeps」。「あー、どこか、知らない街のどこか、俺のギターが泣いてる〜」って・・・。でもMCは一番良かった。リアルタイム世代特有の熱さはさすがだ。

トリビュートライブ終わったら、ダイノジ登場。いいのか、この順番で・・・。

でも、予想よりダイノジは面白かったし、エアギターじゃ無い方の人のビートルズへの思いが熱くて、なかなか良かったです。

それにこの人「俺はHMVじゃ無いところで予約した」とか「イエローサブマリン(アルバム)はうーんな感じですよね」とか言っちゃう正直な辺り好感持てた。主催者側には怒られてるでしょうが。

で、この人昭和47年生まれらしいので、実は僕と同級生。ビートルズには中期/後期から入り、30才超えたら断然初期が好きって流れだそうで、今は「With The Beatles」が一番良いそうな。僕の場合は初期から入って中期/後期を好きになる連れ、初期には興味がなくなり、ここ2年位、ちょっと初期にも興味が出てきたって感じなのですが、まぁ人それぞれって事で。

ちなみに、「Come Together」の「シュ」は、「Shoot me」だよ。リリース版では最初しか聴き取れないけど、アンソロジー3に入ってるテイク1でははっきり聴こえるし、解説に確か書いてあると思います。まぁこのブログ見て無いだろうけど。

なんだかんだ言って、2丁拳銃とダイノジのカラミが一番良かったかも・・・。なんだかなぁ・・・。

で、カウントダウンが終わって、イベントスペースを出ると、店員さんがそそくさとリマスターCDを並べているので、迷惑?とは思いながらも、並べているそばから手にとって確認。あー開けたい。ちなみに僕はアマゾンで買ったので、ここでは買わず・・・。

イベントのこまかな内容はこちらで > ビートルズリマスター発売で和田唱、曽我部、チャボ熱唱

タワーレコードにはムッシュかまやつがいるってことなので直行。でも居なかった。もう帰ったか。



それにしてもタワーレコードの力の入れようはスゴイ。本やら関連CDやら視聴コーナーやらでフロアの半分以上はビートルズ関連。うれしい。



それに「THE BEATLES BOX OF VISION」が飾ってあって、しかも手にとって中を見られたのは、実は一番の収穫?だったかも。中に(たぶん)原寸大の表紙等ブックレットが入ってましたが、これには、アルバム「Let It Be」(当然レコードです)の初回版にのみ付いてきたブックレットも含まれていて(すいません、全ページ含まれてるかは分かりません)、持って無い人は、これは嬉しいかも。たまにヤフオク等で出てますけどね。

ちなみに、これがそのブックレット。これが付属していたせいで定価が33%も高かったそうです。


こっちでも新聞配ってました。



田舎モンの僕には、終電無いので、この日は渋谷にお泊り・・・。

まさかの誕生日なのに、こんなことになってごめんなさい > お嫁さん。
タグ:Beatles
posted by ハル at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽-B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいよー(^^)
楽しかったようで、行ってよかったねぇ!!
ま、穴埋めはよろしく〜
Posted by お嫁ちゃん at 2009年09月14日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127822853

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。