2009年06月10日

The Eternal

Modern Life Is Rubbish  Sonic Youth [US]
 The Eternal [2009]
 オフィシャルサイト

久々にビートルズ以外のネタを・・・。

今年初めて買ったCDです。最近はめっきり新譜を聴かなくなった・・・。そんな中、新作をワクワク待てる数少ないバンドです。

良くも悪くも予想通りの音でした。いつ聴いても新鮮な不況和音。ワンパターンも一辺倒もどこ吹く風って感じです。

まだ数回しか通して聴いてませんが、個人的にはここ数作と同じく、キムのボーカルよりも、サーストンの方がしっくりきました。世の中グランジの頃は結構キム寄りだったのですが、最近はなんかツライ?かも。

リーの曲は相変わらずのカッコよさでした。この人は一人になるとめちゃめちゃ過激な方に寄っちゃうのですが、ソニックユースでやると良い感じになるのですよねぇ。

頭がグルグルしてくる4曲目辺りからが前半のヤマバかと。

ゲフィンから移籍し20年ぶりにインディーから出た本作ですが、助っ人?にしてはかなり長かったジム・オルークが抜け、元ペイブメントのマーク・イボルドが加入したみたいです。スティーブが好きだった僕にはイマイチ感動は薄いですが、大好きだったペイブメントからってことで、やっぱり嬉しいなぁと。「クールキッド・レイン」について以前書きましたが、ペイブメントは、どれもハズレが無いんですよねぇ。

そういやかなり遅ればせながら、つい最近ブリッドポップの栄枯盛衰を描いた映画「Live Forever」を見たのですが、内容はまぁまぁながら、こういうのを見てから改めてソニックスの立ち位置を考えると、足元を踏み外して消えていくバンドが多い中、さっすがだねぇーと拝みたくなる心境になりました。

今年はサマーソニックに来るんですよねぇ。フジロックじゃないのか、浮気モノめ。ライブハウスもいいけど、野外のソニックユースも、これまた良いのですよねぇ。2002年のフジロックは最高だったなぁ。
ラベル:ROCK
posted by ハル at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

The Californian

e Californian  Sunday's Best [US]
 The Californian [2002]
試聴

残念ながら2003年に解散してしまっているSunday's Bestの2nd。

CD屋に行くと、僕の知らないアルバムがあるんじゃないか、編集版とかアウトテイク集みたいのが出てるんじゃないかと、つい探してしまうバンドがいくつかありますが、彼らもそんなバンドの1つです。無いとは分かっていても探さずにはいられない・・・。

ハードなアプローチの1stは、あまりツボでは無かったのですが、このアルバムはもろストライクゾーンど真ん中。1999年に出てるEPはこの2ndに近い感じですが、サイケ度が高く、より純なポップという意味では本作の方が上です。

エドワードの声質が、どことなくダグ・マシューを感じさせることによるのか、アルバム全体を通した空気感が、僕の大好きなアルバム Built To Spill の Keep It Like A Secretに似てるんですよねぇ。ギタープレイのアイデアはBuilt To Spillには敵いませんが、シンプルなメロディと力の抜けた自然なサウンドが絶妙のバランスで均衡してて、琴線を震わせます。

これだけイイ音鳴らしてたんだから、次を聴きたかったなぁ。

こちらでTシャツ売ってます。欲しいかも。 Store -> Keyword SearchにSunday's Best入力で行けます。
ラベル:ROCK
posted by ハル at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

The Other Palm Springs

The Other Palm Springs  Silver Scooter [US]
 The Other Palm Springs [1997]
 オフィシャルサイト 試聴

3枚のアルバムを作り惜しくも2001年に解散したSilver Scooterの1st。2枚目も3枚目も名盤だけど、この1枚目もなかなかです。

スコットの感情を抑制するようなダウナーなボーカルスタイルとバンドが奏でる透明度の高いサウンドは、すでにこの1stの段階で健在。シーンに出てきたタイミングも相まって、エモな括りの彼らですが、生楽器テイストな電子楽器が奏でるメランコリックで牧歌的なインディーポップって感じでしょうか。僕の中では、ブルートーンズに近い立ち位置です。音はアメリカなんですけどね。

ラベル:ROCK
posted by ハル at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。