2009年09月01日

スゴイCM

ポールの家について書いたので、次はいよいよアビイ・ロードを、と思ってたところ、ちょっとスゴイ映像が登場!



多少ぎこちないところもありますが、技術の進化、おそろしかぁ・・・。

これ見てて思い出したので、ちょっと小ネタを・・・。

この映像だと見にくいですが、ジョンの後頭部あたりにいるこのおじさん、



ポール・コールさんと言うのですが、当時、夏休みでロンドンに観光に来てたアメリカ人だそうです。

なんでも奥さんに誘われてアビイ・ロードの美術館に来たものの、自分は飽きてしまっていたため、奥さんに一人で見て来いと勧め、自分は美術館外の道路わきに留まっていたパトカーに乗っていた警官と話しをしていたそうで、ビートルズが写真撮影をしていることや自分が写っていることには気付かなかったそうです。

で、約一年後、奥さんがオルガンで「Something」を練習するために取り出したアビイ・ロードのジャケットを見て初めて自分が写っていることに気が付いたとか。

ちなみにこの人、残念ながら、昨年お亡くなりになってます。

上の映像ではポール・コールさん目線もショットもあり、本人も喜んでいるのではないかと。



ラベル:Beatles
posted by ハル at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ビートルズ未公開映像

少し前、英BBCが未公開映像を含むドキュメンタリーを放送するというニュースがありましたが、日本ではNHKが放送することになったようです。でかしたNHK!!!



アップルが絡むだけに鮮明な蔵出し映像を期待しちゃいます。永久保存版や・・・。あー待ち遠しい・・・。
ラベル:Beatles
posted by ハル at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

リマスター音源解禁!

いよいよ2週間!をきったリマスター発売日。

今日、断片ではありますが「Lucy in the Sky With Diamonds」「When I'm Sixty-Four」が視聴できるようになりました!

以下のサイトで視聴できます。

www.ro69.jp

ちなみにこれ、ビートルズ史上初めてとなるインターネットでの音源試聴となります(今までアップルは一切ネット配信を認めていないので)。

っつっても、米アマゾンでは1ヶ月くらい前から音源が出てましたが・・・。

正直、うちの貧弱なPC環境では「よく分からん」って感じなのですが、「Lucy in the Sky With Diamonds」なんかはコーラスがデカくなって気がします。

ということで、今回こそは?ってことで、こんな記事もあります。

一昨年位?だったかのアップルイベントのときには「Lovely Rita」を使っておきながら、結局は無しだったんだよなぁ・・・。

まぁ僕的にはどっちでも良いのですが。っつうかアウトテイクとかダウンロード販売してくれっ!
ラベル:Beatles
posted by ハル at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ポールの家 (Cavendish)

イギリスに来て5日目。

別にお楽しみに後に残しておいたわけでは無いのですが、今日はいよいよアビーロードに行きます!

たとえビートルズを知らなくても、この写真は見たことあるだろって位、有名すぎる場所です。



・・・と、その前に、まずはすぐ近くのポールの家に出発。

宿泊しているセントラルパークホテル近くの地下鉄駅「Queens Way」から「St. John's Wood」まで、約15分の道のりです。

あーわくわく。やっぱりテンションが上がる。

「St. John's Wood」到着。あー、なんだか意味も無く素敵な駅な気がする・・・(実際は他駅と大差なし)。

駅入り口の横に、Beatles Coffee Shopなるお店を発見! 流石や・・・。



いや、この後、リバプールに行って改めて思ったのですが、リバプールって街は、やっぱりどこもかしこもビートルズって感じなんですが、これに対し、ロンドンは、さっぱりビートルズの気配がしないんです。

町にポスターがあるわけじゃ無し、お店に入ってもビートルズの曲が流れているわけでも無し、地元に人に言わせれば、若いヤツに人気が無いからってことでしたが、やっぱりイギリスと言えばビートルズ、イギリスと言えばロンドンなわけで、つまりビートルズ = ロンドンってことです。

・・・まぁ何はともあれ、アビーロードに来て、やっとロンドンでビートルズに巡り合えた、ってわけです。

で、この駅とポールの家、アビーロードの位置関係はこんな感じ。



駅からテクテク歩き、サーカス・ロードを進みます。・・・ん?



おおおー、キャヴェンディッシュの看板を発見!!!!



さらに歩く・・・。この辺のはず。



きたーーーー。ポールの家っ!!!!



この家は、今でもポールが所有している家で、ロンドンにいるときには立ち寄ることがあるそうです。ポールは1965年にこの家を買っていて、翌年8月にそれまで居候していたジェーン・アッシャー邸を後にします。

ポールのこの家でたくさんの名曲を作ることになりますが、アビーロード・スタジオが近いこともあり、レコーディングの前に4人が(もしくはジョンと2人で)この家に集まり、曲作りやアレンジを考えたりしたそうです。
1967年の3月半ば、「サージェント・ペパー」アルバムの最後のページにとりかかっていた。前日から始めたリンゴのための歌、リンゴむきの歌は途中まで進んでいた。
午後2時に、ジョンはセント・ジョンズ・ウッドにあるポールの家に到着した。 「Are you afraid when you turn out the light」と、ジョンが歌った。ポールはくりかえしてみながら、うなずいた。この行について更にいろいろな問題を考えつくことができれば、どんな詩にもこのアイデアは使えるはずだと、ジョンは言った。
(一部、省略してます)
The Beatles』 P256
そしてこれは必見! 9/9に発売されるゲームからの映像です。「With A Little Help From My Friends」は2分5秒位から始まりますが、当然ペパーから通しで聴くのが良いかと。



「Fool on the hill」の記述もあります。

ポールは、それから、自分のギターのところに戻って「The fool on the hill」を、非常にゆっくりと美しく、弾き語りしはじめた。ジョンは静かに聴いていたが、ぼんやり窓の外を眺めていているので、聴いていないようにも見えた。ポールはそれを幾度も歌ったが、ラララと歌ったところの歌詞はまだ考えていなかった。どうやら出来上がったとき、ジョンが口を挟んで、歌詞をちゃんと書きとめておいたほうがいい、さもないと忘れてしまうぞ、と言った。
The Beatles』 P258
ジョンはえらくこの歌詞に感動したらしく、ポールのために歌詞を書きとめてあげたようです。
(ズームアップした画像はドラッグできます。Youtubeの下に潜り込む場合はドラッグで)



また、1980年のインタビューでもジョンらしい言い方で誉めています。
彼もいい子にしていたら、いい歌詞が書けるという証拠さ。



上の地図にもあるように、スタジオからはすぐそばなので、スタジオから出てきたポールを追いかければ簡単にばれてしまう場所ということもあって、門の前には四六時中ファンがいたようで、彼らとトラブルになることもしばしばだったようです。



海外の書籍で「Paul McCartney, Lodon, NW8. - 1967」という当時のファンが撮った写真ばかりを集めたものがあるのですが、中はに3年間毎日通い詰めたファン(560回会ったと語ってます!)のエピソードなんかも載っていて、これじゃポールもたまらんなぁって感じです。

実は今年の春位まではGoogle Street Viewで見れたのですが、ポール(記事だと同宅の警備にあたる会社とあります)が削除を要請したようで今は見ることができません。

ただ、記事にもあるように、Google Mapだと真上からも見られますし、MicrosoftのBing Mapsだともっと鮮明にみられます。恐ろしい世の中だ・・・。



家の前で写真撮っちゃう僕含め、本人には迷惑な話だと思うのですが、そこはファン心理ってことで許してくれ、ポール。そういや、塀にはラクガキもありました。



家の前の写真は、意外と良いのが無かったのですが、こんなのマネしてみました。ちょっと角度が違ったけど・・・。


外から見る限り、全く人の気配はしませんでしたが、ポールは1週間ほど前(6/27)にハイドパークで行われたニール・ヤングのライブに飛び入りしているので、もしかしたら数日前には居た? もしくは今日も居る? 窓から顔出したりしない?などと、かなわぬ夢を見ながら、次はいよいよアビーロード&スタジオに向かいます。

今日は疲れたので、続きはまたそのうち・・・。

(訪れたのは7/4)
ラベル:Beatles 旅行
posted by ハル at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

The Beatles: Rock Band

いまだ日本語版の発表が無い「The Beatles: Rock Band」 (っつうか出そうに無いですが・・・)。

ゲーム画面もさることながら、オープニングムービーがかなり感動です。



日本語版は出そうもないので、輸入版を買うしかないですが、ググってみてたところ、PS3、Wii、Xbox360版のうち、Wiiのみソフトとハードの組み合わせに制約があるらしく、日本向けハードでは動作しないようです。

映像的にはやっぱりPS3が良さそうですが、Xbox360限定で「All You Need Is Love」がダウンロード販売されるそうです。むむぅマイクロソフトめ・・・。Xboxは持ってないしなぁ。

ところで今さっきこんな記事を見つけました。

The Real Beatles Vs. The Beatles: Rock Band

個人的には屋上ライブや武道館、エド・サリバンショー等の実際のフィルムで見られるものより、このトレーラーに多く出てくるような実際の演奏シーンが無い映像に期待してます。特にスタジオでの演奏シーンなんか、しびれるわぁ・・・。

あー、はやくやりたい・・・。とは言っても、やはり一番の期待はゲーム中に使われるという未発表の音源なのですが。

9/9はリマスターCDも出るし、iPodも新モデルの発表がありそうなので(今度こそダウンロード販売解禁か?!)、大変な一日になりそうです。
ラベル:Beatles
posted by ハル at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。